勃起不全治療薬を輸入する際には効能のことを考える

勃起不全の治療薬は主に海外で開発される医薬品となっています。
勃起不全治療薬として有名なものにはバイアグラやレビトラ、シアリスといったようなものがありますが、バイアグラとシアリスはアメリカの製薬会社が、レビトラはドイツの製薬会社が研究開発に成功したことによって作られたものです。
日本国内の製薬会社もそれぞれの成分を用いたジェネリック薬品を製造販売するようにはなっていますが、価格の優位性などを考えると勃起不全治療薬を個人輸入などの形で輸入して用いるということは十分選択肢になりえるでしょう。
ですが勃起不全治療薬を輸入して利用するという場合には、かならず効能について考えなくてはなりません。
これらの薬はどのようなものでも飲めば同じ効能が発生するというわけではなく、含まれる有効成分によって効能が変わります。
例えばバイアグラとレビトラは服用後間もなく効果が実感できるようになって5~10時間ほどで効果が切れるとされていますが、シアリスは服用から3時間ほどが経過しなくては効果が実感できない代わりに24時間以上効果が持続することが多いとされています。
加えて含まれる有効成分の量によっても効能の強さが変わってきますから、自身の体質や体重を十分考慮の上、購入する薬を選定しなくてはなりません。
また見落としがちな部分ではあるのですが、有効成分量が多いということはそれだけ副作用も強烈に出るということが予想されます。
特にバイアグラとレビトラは短時間で効果が出る分、副作用も体質によってかなり強く出るとして指摘がされています。
もちろん有効成分が体から抜けていけば収まっていくのですが、勃起不全は解消されたのに副作用によって性行為が出来ないとなっては本末転倒です。
勃起不全治療薬を輸入する際にはこうしたことをしっかり考え、自分に最もあっていると思われる薬を購入するようにしてください。